視力測定

視力を測ってみましょう

きちんと見えるめがねを作っておくことはとても大切なことです。思わぬ病気のサインを発見できる機会を失ってしまうこともあります。特に急に視力が落ちたのであれば、まず視力を測ってみましょう。めがねを作るかどうかは、そこからです。

見づらくなっているのに気づかないこともあれば、知らず知らずガマンしていることもあるようです。めがねやコンタクトレンズが合っていなくて目をほそめたり距離が右と左で合わないのがわかっているのにそのままにしていると頭痛や肩こり、疲れたりイライラしたりして体調にもわるく影響したりするものです。

また目が乾いていたりしますと見え方も下がります。もともと、または事故や病気などで目の動きがある方も非常に疲れやすかったりします。そういった場合は治療で落ち着いてから、専門の視能訓練士さんにお願いしてある程度の訓練ができてから処方をお願いすることもあります。私がお世話になっている眼科さんでは、優れた視能訓練士さんがいます。

5mはなれた視力表を右目、左目それぞれでみていただきレンズで視力をだしてゆきます。
そのときは目をほそめず、できるだけ大きくあいて見ていただきます。
目標の視力は最終的にはお客様の一番使いやすい右目と左目の最高視力ではなく、両目でのバランスをとり、なじむところへ話し合いながら決めてゆきます。しばらくフンフン、見え方はどうかな?ためしに店内や表(眺めや道路の運転を意識したところ)に出て見ていただき、また近くであれば新聞や読み物書き物パソコンスマートフォンをみていただき、OKであればトライアルはひとまずおわりです。

視力を確認しなくちゃと思いつつ、そのままにしておくのはよくありません。気になったらまずはお店にいらしてください。
時間ができて、ご都合が合いましたら、その前日はゆっくりお休みしましょう。
早めにぐっすり眠って疲れをとっておくのです。そしてできるなら日中の明るい時間帯がのぞましいのですが、時間にも余裕をもっていただけるとよいと思います。環境の変化や見えずらくなった最近のいろいろをお聞かせください。夜型生活、主に夜勤などのかたは逆に暗い時間の視力(やや瞳孔が開いた時間帯のお仕事の方)を測らせていただいたりします。運転や業務に影響がでてはいけませんよね。

視力測定に特別、代金などはいただいておりません。
あまり緊張せずにリラックスして視力測定できるようにつとめております。

処方せんについて

当店でも処方せんを受けつけております。
どんなレンズをどんな距離でつかうのか、目と目の距離、コンタクトレンズなら
サイズやレンズの種類、有効期限なども指定された用紙です。
めがねの場合、目の健康診断もかねて眼科に受診してから処方せんをもとめてもよいと思います。
コンタクトレンズについては、眼科医の処方せんと定期的に検査していただくことが必要です。処方せんなしにはお売りできないのです。

めがね

ご来店時に視力を測って見え方が良好であればご希望にあわせてレンズとフレームの選択にすすみます。
しかし目のことで不安があったり、病気をかかえていたり視力があまり思わしくないようであれば、眼科受診をおすすめしております。
眼科医の判断でその後めがね作りとなるか、治療が必要なのかがかわってきます。その場合はよくご相談してくださいね。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは処方せんが必要です。
どういう順序をたどったらよいのかわからない…という場合はご相談くださいませ。
いままで使用してきた方、調子がよくても定期検査は必ず受けてくださいね。
忙しすぎて時間がとれない、というのは、もし調子がよくない感じがあったとすると、問題を先送りしてしまうことになるのです。
コンタクトレンズの状態、目の状態、よごれ、きず、度数の変化、ドライアイなどなど。
しばらく使えない~なんてことになる前に、ご自分の目を守れるのはご本人だけ!目から入る情報が大半です、その目を大切にしてくださいね。

使いやすくて疲れない安全な処方をしてもらいましょう。
眼科での処方をご希望の方は時間に余裕をもって。
どういった使い方をしたいか、しているかの情報を全部伝えて。
保険証も忘れずに!

深視力測定ができます

オートではなく、手動の古い深視力測定が店内にあります。練習もできますよ。本当は父が捨てようとこれを分解し始めたのですが、まだ需要はあるかも…ちょっと破壊するにはかわいそうでしたので私が「待った!」かけたものです。この3本がそろうのを前後4cmに合わせるの難しいのですよね…