遠近両用ってどうなの?

いままで遠く用のめがねだけで済ませてきたけれど、どうもこの頃、近くが見づらいなぁと感じる方々が、遠近両用って実際はどうなのかな?と初めは考えるかもしれません。でもうまく使いこなせている人がそばにいなかったり、体験しようにもどこでどこまでできるのかどうかもわからない、または否定的な経験を聞くことも多いかと思います。

40代半ばあたりから近くに寄せたものが文字が見づらくなって、少し離せばまだ見えるからいいか、でも今度はパソコンも見づらくなってきた、アァ新聞もスマホも字を大きくしても読めないからもういいやと興味もわかなくなり、しかし無理を通せば肩が凝り、頭が痛くなり、集中できなくなる…。

嫌な言い方ですが、いわゆる老眼というものです。

でも私の父は、頑張って働いてきた目に対して「老」ではなく「労」の、「労眼」とお客様に説明していました。

年を重ねて、生きるために頑張ってきた自分の目に感謝。目の筋肉もお疲れのようす、だから頑張ってきた目に労わりのめがねで負担をやわらげてあげましょうということですね。

しかしめがねをふたつ付け替えるのにも面倒だし、仕事上そんなこともやってられないよ、という方もいらっしゃると思います。

ですから遠くも近くもひとつのめがねで見えたらとても便利ですよね。

もちろん、遠くと近くのめがねをふたつ持って使い分けるのもよいことです。どちらにも良い点、どうにもならない点がありますが、私からどういう状態でどんな環境かをお話ししながら教えていただき、お客様がきちんとそれを整理、理解することで、自分にとってどんな選択が最適かを判断する、そんなお手伝いをさせていただきます。

それが、めがねであれ、コンタクトレンズであれ、いろいろな選択肢がありますし、遠近でなくとも、中近というレンズもよく使われています。

もしかしたら遠くのめがねが合っていない可能性もあります。

店内で体験ができますので、迷っておられるようでしたら、ぜひお試しにいらしてください。

今はお子さん用、受験勉強用にも、といったアシストレンズもお若い人に好評です。

退職された方々もパソコンでの長時間の作業や、タブレット端末での情報のやりとりなどが増えたりしているようです。

とても便利な世の中になりましたが、それが影響して最近見づらくなった、疲れやすいなぁということも。テレビもパソコンも、寝不足でもがんばりすぎて目もショボショボ。合わなくなっているめがねをずっと使っているのも疲れの原因になってしまいます。さらに近視が進んでしまったりして、めがねを買い替えるお客様もいらっしゃいます。

お子さんもお若い方も同じです。

しかし、めがねだけに頼らず、疲れたらめを休める、夜ぐっすりお休みになるのも大切なことなのです。

目が休める環境を作ってあげないと、疲れた→見えない→めがね作成→まだ酷使する目→疲れた→再度めがね作成の繰り返しです。

めがねはきちんと作りますと、そんなに安いものではありません。

適正なものを作り、自分の環境と目を労わりながら過ごしていただければ、よほど病気であるとか出ない限りは長持ちするものです。

運転免許証の更新のや健康診断のおりに、調べてみませんか?

お仕事、生活のリズムや環境なども考えてより良い快適なめがね生活を考え出しましょう。